まったり連載始めました

公開日: : etc

元々話書きな人間なので…つい。

むしゃくしゃしてやったはんせいなどしていないふははー!

 

ってことで、昔構想を練っていた三つのお話を一つずつ形にして行こうと思います。

先ずは現在友人とアプリ開発として練っているキャラの出る物から。

こちらからどうぞ→ 『ティアートロリアの謎』

 

続きはあらすじなど。

『ティアートロリアの謎』

あらすじ 「目に飛び込んできたのは、全裸の少女だった」



白銀の髪に紅玉の瞳を持つ少女。

人形のように繊細で儚い彼女が求める唯一の願いとは。



少女を追い掛ける、漆黒の髪と漆黒の瞳の魔女。

悲しいかな、二人の間に板挟みとなった一般人の男。

人形と魔女と人間の、トライアングルストーリー。







なんちゃってアプリ開発の合間に生まれた『ユノ』のお話です。

 

ユノぉぉぉ!

 

知る人ぞ知る(知らん人は知らない)僕のROでのキャラ設定の一人。

奇才の錬金術師が生み出した動く生き人形・ユノア。

…実はドール好きには知られている名前なので、ちょっとキャラ名としては変えています。

感情の無い少女が段々感情を得て変化していくお話。

 

過去に執筆していた時は、一応現代世界での話だったんだけどねー。

社会問題にぶつかって何故?なんで?どうして?を、妙な所から突くキャラでした。

…ちょっと思うところがあって、ファンタジー世界にぶちこんでみた。

取り敢えずころころ転がる様に動いてくれるのをちゃんと追い掛けるね頑張る!

 

開発中のアプリも完成したら合わせてサイト上にて公開していきますね。

 

残り二つのお話も、じっくりと書き上げていかないといけないなぁと思いつつ今は彼女で手一杯。

 

RO?やるよ!

でも今週は自宅にいないので、Gv参加できませーん…。

お盆明けは頑張るので、是非フォルトゥーナを宜しくお願い致します!

関連記事

no image

FGSでGv出てきました☆

ところで今日は、初参加です☆ 先週が不正コマンド?(コマンドミス?)かなんかで、Gvに支障をきたす

記事を読む

no image

支援として傭兵として

僕は、傭兵G所属の、支援ABです。 クライアント先での、私自身のその日の

記事を読む

no image

【購入】はたらく魔王さま!9 (電撃文庫) 【未読】

ちょっと秋葉に立ち寄ったついでに…駅構内の本屋さんで、購入してきました。

記事を読む

visual

【情報】アマツ桜花幻燈祭、SNSなどから軽くメモ

  --------------------------

記事を読む

no image

Lv上げたいなぁ~…と思ってたら。

今日は久々に姫のLvあげたいなーって思ってたら、最初に弘樹がえるふぃとどっか行く?ってお誘い下さいま

記事を読む

no image

にゃー

          lヽ、            /ヽ            i! 

記事を読む

no image

サントリー 南アルプスの天然水&朝摘みオレンジ(有機100%)の商品

ちょっと面白いなーと思って、オレンジ好きな僕としては期待していたのですが。 残

記事を読む

no image

放射以外と…

超!珍しく、放射以外と遊んできました(*≧▽ノ)ノ 入って速攻お城に拉致られるアリシアの図w 誤爆

記事を読む

no image

新ペット?!

ROの課金が切れてました~! んだもんで、1Dayについてた「新規垢チケ」でアコでも作ろうかなと(*

記事を読む

no image

養子を預かれるように…

養子契約はしたのに親がLv足りないってどういうことですk まぁとにかく、ふっっとやる気が出たんで、手

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
[pixiv]『【カラジェイ】当主○○松の十五年』[解説]

『a href="http://www.pixiv.net/novel

no image
保護中: 【家宝は寝て松 〜おひるね〜】イベ写真【パス別途お伝え】

家宝は寝て松 〜おひるね〜 参加して参りました! 会場でお会いし

no image
【映画】ドラえもん のび太と鉄人兵団(新・旧)【視聴感想】

ちょっとあるきっかけから『少年期』という歌を聴きたくなったついでに、見

no image
[最近]日常が徒党を組んで襲って来る

別に恐怖とかそういうものではないのだけれど。 最近は全然、忙しさ

kue8e6000001chrf
【情報】バーニングフェス inモロク トレジャーハンター(トレハン)暗号解読方法など

「爆熱! バーニングソウル・フェスティバル inモロク」 またや

→もっと見る

PAGE TOP ↑
#footer {color: #444;}